沖縄スパイ戦史

コメント

大林宣彦映画作家

 瞠目しました! 僕ら日本人は、あの日本の戦争に就いて、未だ未だ何も知らない、知らされていない。知らぬ事は罪。これは日本人、否世界の人間共にとって、必見の一作!!
 立派な作業に、頭を垂れます。目醒めよ!

安田菜津紀フォトジャーナリスト

あの戦争は、地続きだった。沖縄と、本土と。過去と、今と。それを断絶しているのは意図的に作られた壁か、それとも無関心という溝なのか。
背を向ければ、再び地獄は忍び寄る。生き抜いた人々の声は、私たちへの警鐘そのものだった。

森 達也映画監督/作家

記録と記憶は閉じた存在。でも本作における記録と記憶はまだ激しく動いている。呻いている。訴えている。沖縄の強い日差しに照らされながら、過去と地続きの現在を僕たちに意識させる。 これは決して昔話ではない。

今日マチ子漫画家

証言を中心に、かつての少年たちが甦る。幼さゆえに信じ、翻弄され、死に、深い傷を負った彼ら。私たちができることは? 伸びやかに生きる姿をもう一度、想像してみる。

武田砂鉄ライター

為政者は、いつの時代も、人のせいにする。
オレ、関係ないよ、と逃げ回り、遥か上空で嘲笑する。
本作に映し出されるそれは、今、私たちの眼前に広がる逃避や嘲笑と、どう異なるのだろう。

ジャン・ユンカーマン映画監督/『沖縄 うりずんの雨』

この「裏の戦争」の真相こそが戦争の本当の顔です。沖縄戦の中、島々の奥で起きた、長年、闇に葬られていた真実は普遍的な意味を持っています。今の時代、特に向き合う必要があります。

※順不同、敬称略